人と動物の関係学 コンパニオンアニマルの効用 子どもはペット飼育を通して心を育み、思いやりを学べる
アイコン
ペットが子どもたちにもたらす恩恵は大きなものがあります。ペットを飼っている子どもたちは早くから思いやりを学ぶ、という研究もあります。ケンブリッジ大学ポール・E・S博士の発表(1992年)によると、子どもは、飼い主に依存する存在であるペットと接することで、動物の気持ちと欲求、そして、他の人の気持ちを学んでいく傾向があるといいます。また、カリフォルニア大学デイビス・ブライアント博士は1985年に、ペットを飼っている子どもたちの方が思いやりを身につけることができると報告しています。
copyright